容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ハイブリッド車の日本・外国産の比較

  1. 2012/11/21(水) 12:27:01|
  2. 車の買取査定|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
ハイブリッド車の開発において日本は最も進歩し、優れた性能は世界中から高い評価を得ています。
近年のガソリン価格の高騰を受け、ハイブリッド車は日本やアメリカ、ヨーロッパなどで人気が高まっています。

アメリカやヨーロッパでもハイブリッド車の開発に力を入れており、今日では外国産ハイブリッド車が市場へ参入しております。

アメリカでは、ハイブリッド車の駐車料金を無料にするパーキングを設ける州や、高速道路の優先走行を認めている州があるほど、ハイブリッド車の普及が重視されています。
ゼネラルモーターズ、フォード、ダイムラー・クライスラーがビッグスリーと呼ばれ、三大自動車メーカーとしてこれまで高い支持を集めてきました。

・フォードはハイブリッド技術においてトヨタと提携を結び、フォード・エスケープ、マーキュリー・マイナーのハイブリッド車を販売しています。

・ゼネラルモーターズはハイブリッド車の開発においては遅れを取っていましたが、近年、自社開発により、サターン、シボレー、GMCなどのハイブリッド車を開発しています。

・ダイムラー・クライスラーではベンツ(ベンツに興味のある方は、こちらの2006年式ベンツ Cクラスの買取・下取りと査定相場でどうぞ)、クライスラー・アスペン、ダッジ・デュランゴなどを開発しています。
またこのビッグスリー共同による開発プロジェクトも立ち上がり、新しいハイブリッドシステムが開発されています。

日本のハイブリッド車が売り上げを伸ばしているのに比較して、アメリカなどの外国車ハイブリッド車は、まだ市場へ登場したばかりです。
今後日本と外国との競争によって、さらに優れたハイブリッド車が生まれることが期待されます。